顔脱毛の効果とメリットを知ろう!

顔脱毛のまとめ!顔脱毛のメリット、デメリットについて。オススメの脱毛専門サロンも紹介
MENU

顔脱毛のメリット・デメリット

体の部分でデリケートな顔の脱毛について、メリットとデメリットを理解しなければなりません。
何故かと言うと、デリケートな部分な為に、影響も受けやすいからです。

 

脱毛をする場所は、医療機関やエステなどと言うように、第三者にお願いをしますが、
その機関やお店によって得意不得意、また、受ける側の体質などによっても結果が変わって来ます。

 

また、脱毛の種類もレーザー脱毛や、光脱毛など、形式も変わってくるため、ご自分との相性もよく考慮する必要があります。

 

顔脱毛をする上でのメリットから見て行きましょう。

 

光脱毛をした場合、レーザーやニードルなどと違い、痛みは殆ど感じません。
光を放射するため、広範囲に当てることが出来るため、所要時間も短時間です。
心配なのが光だと思いますが、専用のグラスをかけ、刺激も少ない光なので心配も要りません。

 

デメリットについてはどうでしょうか?
脱毛をするにあたって、顔にかかわらず周期と言うものがあります。
1度で脱毛できる範囲は決まっていますが、どこまで脱毛が出来、どこの部分はまだ
出来ていないのかを確認しながらの作業になります。

 

そのため、1度脱毛しても1周期が過ぎ、脱毛できていない部分を確認するために
時間がかかってしまいます。体毛の濃さにもよりますが、濃い方は薄い方よりも
若干回数がかかる場合もあります。

 

そして、もし脱毛する機器との相性が合わなかった場合、体とは違い洋服などで隠すこともできないため精神的な苦痛が起きてしまうかも知れません。そうならないためにも、施術前にはしっかりとテストやカウンセリングを受けて、ご自分の肌との相性を確認する必要があります。

 

このように、顔を脱毛するには手や足とは違うメリットやデメリットがあると言うこと。顔は
他の部分と違い、とてもデリケートなので注意が必要だと言うことなどを理解しておきましょう。

顔脱毛の失敗・トラブル(火傷やシミ、腫れなど)

顔脱毛をすることによって、残念なことに失敗やトラブルが起こることもあります。
例えばどんなことがあるのでしょうか?

 

最大のトラブルの原因としては自己処理になると思います。サロンや医療機関に行く時間や金銭的な余裕が無かったり、手軽さを求め、自宅で処理する場合です。
肌はデリケートなのにも関わらず、事前処理を行わなかったり、安易にかみそりを使うなどして
顔に傷をつけてしまうこともあるようです。それに、ご自分では顔全体をしっかりやったつもりでも
綺麗に処理しきれないこともあります。そのような時はかえって化粧のりが悪くなってしまいます。

 

そう言ったトラブルを避ける意味でも、是非、プロの手に任せましょう。

 

とは言え、プロが相手でもトラブルは多少あります。

 

中には、肌と合わずに肌が荒れてしまう場合も。
レーザー脱毛の場合、光脱毛とは違いパワーが強いため、火傷を負ったようなダメージを受ける場合があります。
火傷までとは行かないまでも、しみやそばかすが出来てしまったと言うようなこともあります。

 

皮膚の粘膜が弱い顔に火傷を負った場合はそれなりの後遺症、例えばしみが消えなくなるなどといった問題も出てきます。ご自分の肌は強いと思う方も、そのようなダメージを受けるリスクを伴うと言うことを意識したサロン選びが必要ですね。

 

レーザーとは違い、光脱毛の場合はそう言ったダメージはありませんが、違うデメリットから来る失敗もあります。
光脱毛はレーザーと違って、ダメージが少ない分パワーが弱いのです。
そのために数ヶ月から半年は通う必要になるため、その間にサロンに通えなくなってしまったり、
ご自分の肌質が色々な環境やストレスなどから変わってしまった場合に問題が起きるかもしれません。その部分を考慮してゆったりとした気持ちで受ける必要があります。

 

 

顔脱毛の脱毛方式(光脱毛・レーザー脱毛)

顔脱毛の脱毛方式にはどのようなものがあるのでしょうか?
ここでは、自宅ではなく専門店での方法についてお伝えしたいと思います。

 

最近の顔脱毛としては、主に光脱毛とレーザー脱毛の方法があります。
それぞれについて、どの様な方式なのか見て行きましょう。

 

まずはレーザー方式からです。
レーザー脱毛は、医師免許が必要で、医療機関でしか施術を受けることが出来ません。
そして、光を当てるという部分では光脱毛と同じですが、一番の違いはレーザーは
一点にレーザーを照射するのです。
そのため、パワーも強力です。
パワーも強力なために医療行為になるのです。しかし、医師による施術でもその威力が強いために効果は高いのですが肌のトラブルに繋がりやすいデメリットも多くあります。

 

 

一方、光脱毛はどうでしょうか?
こちらは医療行為とはみなされないために気軽にサロンなどで施術してもらうことが出来ます。
しかし、医師免許が必要ないために光のパワーは弱く、何度もサロンに足を運ばなければならないと言う面倒さがあります。
とは言え、肌トラブルもレーザーよりもずっと少ないために安心して通うことが出来ます。
肌に優しいので、すぐに効果を望めなくても化粧ノリの良さも実感しやすくなります。
光の加減も調節できるために、施術を受ける側の肌質に合わせた方法を取り入れることも出来ますね。

 

どちらの脱毛方式を選ぶかは好みによって違うと思いますが、やはり顔は女性にとってとても重要な体のパーツですので慎重に選ぶべきです。まずはレーザー、光、それぞれの専門機関に足を運び、
しっかりと説明を受け、可能ならご自信の皮膚の目立たない場所なのでテストを受けられるとより安心してどちらの施術方式を選ぶか参考にすることが出来ますね。

 

 

顔脱毛がもたらす肌への効果

顔脱毛がもたらす肌への効果にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

まず、顔を脱毛する理由はなんでしょう?
一番の理由はお化粧ノリや、顔色を明るくしたいと言うことではないでしょうか。

 

産毛が濃い方は特にその効果を感じることが出来ます。
顔に産毛が沢山生えているだけでお化粧のノリが悪くなるだけではなく、崩れやすくもなってしまいます。ファンデーションが肌にしっかりと密着しないために起こってしまいます。よく、お化粧が崩れると言いますが、せっかく丁寧にお化粧をしても産毛が生えているためにすぐに崩れるなんて
言う煩わしさは嫌なものですね。

 

そのために肌もくすんで見えてしまい、不健康そうに見えたり、実年齢よりも年上に見られてしまうなんて事にも繋がってしまいます。

 

そこで、顔の脱毛をし、産毛がなくなることで肌が明るくなり、透明感アップにもなります。
ファンデーションなど、今まで使っていたお化粧道具をワントーンは明るくすることが出来るかもしれません。鏡を見たときにすべすべつるつるのお肌になっていたらとても嬉しいものですね。

 

そして、脱毛方式にも寄りますが、最近の脱毛方式の一つ、光脱毛をすることによっては
毛穴が引き締まるために肌質が改善されやすいと言う声も良く聞かれます。

 

毛穴が引き締まることによって余分な皮脂が出てしまったり、雑菌などが毛穴に入ってしまうと言うこともなくなるので、にきびができる心配も減りますし、実際にニキビに悩みを持っている方も、
そんな悩みとは縁を切れるかもしれないと言う効果も期待できますね。

 

これらの効果を見てみると、顔脱毛には女性に嬉しい効果が沢山あります。
顔の脱毛には数回、数ヶ月かけてサロン等に通う必要がありますが、
是非、積極的に顔脱毛を取りいれてみてはいかがでしょうか。

顔の産毛 自己処理を続けることでの肌への悪影響

顔の産毛を脱毛したいけれど、専門家の下に通う時間も経済的余裕もなかったり、気軽に脱毛をしたい方などはご自分で顔の脱毛をすることになると思いますが、自己処理を続けることでの肌への悪影響はあるのでしょうか?また、あるとすればどんな悪影響があるのでしょうか?

 

ご自分で脱毛することによってお金や時間の節約になると言うメリットはありますが、
肌に与えるダメージもあるのです。

 

専門家の場合は、レーザーや光を当てるなどをするだけですが、自己処理の場合は
脱毛テープや毛抜き、かみそりなどと言うように直接肌に刺激となるものを当てることになると思います。

 

肌に刺激を与えることによって毛穴だけではなく、皮膚そのものも傷つけやすくなります。
かみそりの場合は誤って皮膚を切ってしまうという危険性もありますし、毛抜きを使うことによって
毛穴に負担がかかり、毛穴が広がりやすくなってしまいます。
その事でばい菌が入ったり、にきびなどのトラブルの元に繋がることもあります。
脱毛テープは気軽に脱毛できると思われるかもしれませんが、皮膚に必要な皮脂まで
取ってしまったり、かぶれの原因にもなりがちです。

 

そして、専門機関と自己処理との最大の違いとしては、自己処理の場合、素人の為に
綺麗にできず、産毛もまだらに残りやすいのです。
お化粧のノリにも、差が出やすく、かえって顔色のくすみが目立ちかねません。

 

そして、産毛が濃い目の方などは何度も何度も自己処理が必要になってしまうため、
肌へ与えるダメージは計り知れません。
今は良いとしても、歳を重ねて行った後に肌の老化は進みやすく、実年齢よりも
老けて見られてしまう可能性もあります。

 

このように、一見気軽に出来そうなご自分での脱毛ですが、デメリットの方が多いため、
出来ることなら専門家の元で安全に顔脱毛をしていただいた方がいいのではないでしょうか。
ミュゼ 口コミ

顔脱毛 鼻の下・口の周り

顔脱毛をする時に鼻の下や口の周りは、産毛の濃い方は特に気になるところではないでしょうか?
男性を見ていてもそうですが、やはり鼻の下や口の周りは随分と濃いひげが生えますね。
女性も、ホルモンのバランスによってそう言った場所が顔の他の場所と比べて濃く生えがちだと思います。

 

そうは言っても、鼻の下や口の周りの産毛を気にしない方もいらっしゃると思います。
しかし、鼻のした・口の周りは光の加減によってはよく目が行く場所であり、産毛が生えていれば
一番目立つのです。

 

濃い目のお化粧でごまかせたとしても、食事をしたり、鼻をかんだり、とお化粧も崩れやすいため
この部分の産毛は特に気をつけるべきでしょう。

 

専門家に頼む場合はご自身は特にやることは無いと思いますが、もし自宅での自己処理を行う場合は注意しなければならない事があります。
それは、鼻の下や口の周りはとてもデリケートな部分ですので、脱毛をする前と後でのケアはしっかりとしなくてはなりません。
専用のクリームなどを使うと良いでしょう。

 

そして、場所が細かいために例えばかみそりにしても、何度も刃を肌に当てる事になってしまうと思いますが、それは肌を傷つけやすく、ダメージを受けやすくなってしまうために刃を当てるときは必要最低限になるように注意しましょう。

 

頬やおでこなどと違って鼻や口の周りには凹凸が多いため、影で産毛が良く見えず、処理不足に繋がることもあります。その結果、何度も自己処理をしなくてはならず、肌を傷めやすくなってしまうため、この部分を脱毛する時には是非蛍光灯や日の光など、明るい場所でしっかりと産毛が確認できる場所を選びましょう。

 

鼻の下や口の周りの産毛がなくなるだけでも肌は明るく感じられると思います。

顔脱毛 光脱毛で効果が出るまでの回数・料金

顔脱毛にはレーザーでの脱毛方式と光での脱毛方式がありますが、ここでは光脱毛の効果が出るまでの回数や料金ついてお教えしたいと思います。

 

光脱毛は、レーザー脱毛の強いパワーとは違い、医療行為とはみなされないために光のパワーも弱いために何度も通う必要があります。

 

レーザー脱毛でさえ、1年ほど通うことになるのですが、光脱毛だと2〜3年はかかると
思ったほうが良いかもしれません。
産毛の濃さなど、個人の体質も関係してきますので一概には言えないと思いますが、
その効果は緩やかです。
そして、毛の生える周期も考慮に入れるためにどうしても時間はかかってしまうのです。

 

顔の産毛の場合、毛の周期も体の他の部分と違って生えかえる時期が早いので、2週間に一度の回数の方が多いでしょう。
顔全体を脱毛するのか、鼻の下や口の周りだけなのか、ご自信の希望の箇所によっても違いが多少は出てきます。

 

そして、その周期にあわせて通う必要があってもどうしても通えない日やタイミングがずれてしまう様な時はもっと時間がかかってしまいます。

 

サロンによっては二年保障や回数保障などと言うような便利な保障制度を取り入れているところも多いので、スケジュールを立てる際の目安になるでしょう。

 

料金は各サロンによって様々です。回数などセット料金を設定しているサロンや、その後のフォローが料金に含まれているサロンなど、各サロンで特徴があります。
初めてサロンで顔の脱毛をする方や、料金に不安がある方などは、初めからセット料金を選択すると安心ですが、体の他の部分で脱毛を経験した事のある方や、ご自分の産毛や肌の様子で
通う回数を決めたい方などはセットではなく単発での料金がよいでしょう。

 

サロンによってはセット料金の方が格安になっていたり、逆に割高になっている場合もあるようです。
是非ご自分のご希望に合った料金設定を選択できるように、いくつかのサロンに足を運び、
しっかりと説明を受けることが顔脱毛を成功させるポイントになるでしょう。

このページの先頭へ